いくぜ!猫姫。

猫姫姉妹シェンナとあわゆき 美術部分を移動独立しました。http://kaorusasaki.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

越後妻有トリエンナーレへ

8月末に新潟の越後妻有トリエンナーレへ行って来ました。

いろいろ話してみたいと思っていた知人から誘っていただいた事と、
彫刻家の熊坂兌子さんが参加されるというので、面白そうな面々に惹かれ、
乗用車2台で2泊3日の旅。
しかも、早朝出発に備えて前日から、おジャマしていたので、実際3泊4日。



妻有の会場にて、さわやかそうにブランコに乗っておられますが、
実はこのとき、熊坂さんは曲がりくねった山道のせいで、車酔い状態。

DSCN4714_convert_20120902221905.jpg


錆びた鉄の作品の上を歩いていたかまきり
熱くて火傷しないのか...




現在も人が暮らしている古民家を会場にしていた。

DSCN4720_convert_20120902221119.jpg


他の会場では、空家や、廃屋を使った会場が多かった中で、
ここは、建物が息づいている気がした。

家は人が住むことで生きてくるんだなぁ...

DSCN4719_convert_20120902221037.jpg



蓮池がありました。ピンクの大きな花が真っ盛り。

DSCN4724_convert_20120902221153.jpg



絵本にでもでてきそうな、ほっとする風景と出会う。

DSCN4737_convert_20120902221229.jpg


各会場の作品もそれなりでしたが、
会場の使い方やその会場の成り立ちや環境に最も興味が向きました。



関連記事
  1. 2012/09/02(日) 22:18:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そこは乗ってはいけないでしょ! | ホーム | あわのどや顔>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekohime380.blog97.fc2.com/tb.php/231-5a6d8973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。