いくぜ!猫姫。

猫姫姉妹シェンナとあわゆき 美術部分を移動独立しました。http://kaorusasaki.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シェンナはこたつで丸くならない

この冬初、やっとこの地域にも雪が積もりました。
私は秋田生まれの仙台育ちなので、雪はめずらしくありませんが、
雪の朝起きた時の窓越しの光には『何か』がとても触発されます。


さて、シェンナにとっては二度目の雪。
初めての雪は生後10ヶ月で、外に飛び出していって
雪だるまを作りそうな勢いで遊んでいました。


今日はどうかな...

シェンナ「あ、雪だ~」

雪の日



シェンナ「まっさらの雪の上を歩くのね、キモチいいよ」

雪の日



シェンナ「あ、わりと雪深いんじゃん」

雪の日


シェンナ、何かを追いかけはじめる。
さんざん走った後は.....

雪の日


やっぱりこんな感じ....

雪の日



今はおなかと後足の毛がハゲちゃってるから、冷たかったでしょう?
おなかを暖めとこうね。


スポンサーサイト
  1. 2012/02/29(水) 19:01:21|
  2. シェンナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近凝っています。

膝掛けをイスにかけてみました。

シェンナ「お部屋作ってもらったの」

すごもり

こちらは、入口であり、裏側です。
中に隠れて、向う側をヒトが通ると突然布の下から飛び出してタッチします。
おどかすのが楽しくて仕方がないらしく、「早くここを通れ」と呼びます。
いつまでも、辛抱強く待っているのです。

頭隠して尻隠さずだね、シェンちゃん。

すごもり



急に足に飛びかかられて、驚いて声をあげると、
満足そうな「クッ」という声がきこえます。
  1. 2012/02/26(日) 22:05:43|
  2. シェンナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シェンナ仕事復帰

このブログをご覧になって、シェンナの事を心配してメールをくださったかたがた、
本当にありがとうございました。
みなさまの体験談をお聞きしたりして、孤独に悩んでいることもなく、とても励まされました。
言葉のひとつひとつがなんだかとても暖かかったです。

シェンナの血液検査の結果の連絡がありました。
どこも悪くはないそうです。

それじゃあ、あのハゲは何だったのか?
もしかしたら、人間用のホットカーペットが熱すぎて、
痒くなって、なめて削いでしまったのかもしれない、とのことです。
お腹がぷっくりしてきたのは、毛が薄くなったから目立っただけで、
実は体重も変わらず、そんなもんだったのでは....とのことです。
え~?!そうなの?というかんじのハゲなのですが、まあ、ひと安心。


シェンナ「みなさまご心配おかけしました、今日から仕事復帰です。」

復帰



シェンナ「そこ、怪しい物音が...」

復帰


シェンナ「じ~~~っ... ウカカカカ

復帰


道路にハトさんがいます。

復帰


シェンナ「うは~っ!」

復帰



  1. 2012/02/18(土) 22:34:37|
  2. シェンナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

長谷川三郎展

2月7日から3月11日まで、藤沢市民ギャラリー 常設展示室にて、第11回藤沢市30日美術館
『長谷川三郎展』日米をつないだ東洋的モダニズム が開催されています。

長谷川三郎(1906~1957年)はそのわずか50年の生涯において、多くの足跡をのこしました。
東京帝国大を卒業し、欧米を渡り歩いて世界情勢を把握していた彼は、
戦後日本の美術がどうあるべきかを模索していきました。
画家で評論家で、作家仲間からは哲学者ともいわれていた長谷川は、イサムノグチと交流を深め、
日本の独創的な禅とモダニズムに到達しました。

長谷川三郎と交流のあった美術家の方から、以前こんなエピソードをお聞きしました。
アメリカに『禅』の講演で招待された時、ニューヨークの会場で、大勢の観衆がいるなか、
壇上に紋付・袴で登場し、彼はしばらく沈黙していました。
その沈黙が長いので、聴衆がどうしたのかとざわざわし始めた時、
長谷川三郎は演台をド~ンと叩いて叫びます「This is Japanese ZE~N!!」
聴衆は総立ち拍手で大喜びしたということです。

まだ、美術でのパフォーマンスという言葉の行為が確立していないころの話でした。



長谷川三郎

長谷川三郎

長谷川三郎は1949年から数年間藤沢市辻堂に住んでいました。
そのため、今回30日美術館でとりあげる事になったのですが、
私がはいる2、3年まえから、他の実行委員の方達は長谷川三郎のことを
少しずつ調べていらっしゃいました。

今回は美術館学芸員の方や建築家の方など、様々な分野での専門知識が盛り込まれていて、
とても重層的にみることのできる展示になっています。

これは面白いです。 ぜひ! 
入場無料、藤沢駅となりのルミネ6階です。

  1. 2012/02/10(金) 21:23:11|
  2. ART 作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

病気?

シェンナの重みで、小さかったベッドは少し広がってきました。

でもまた心配がひとつ。
最近シェンナの後ろ足首周辺からお腹にかけて、毛が薄くなっています。
アキレス腱あたりには白い皮膚を通して骨や腱がくっきりわかります。
お腹なんていままで、こんなによく皮膚が見えませんでした。
しかも、どちらかというと痩せ気味だったのに、お腹がふっくらしています。
シッポもなんだか去年より細くチョロけてみえます。

脱毛症なのだろうか、ホルモンバランスが崩れたのだろうか、内臓異常では?(悶々...)

考えれば考える程、私と相方はどんどん悪い方へ考えて暗くなってしまい、
やっと時間がとれて、今日お医者さんに行くことにしました。

病気か?


私「今日ね、お医者さんに行きますよ」
シェンナ「えっ?何で?」

病気か?


私「シェンちゃんの足首ハゲてきたでしょ、心配なんだ」
シェンナ「でもかおるはハゲすきじゃん」
(はい、私はスキンヘッドが好きです。)

病気か?


シェンナ「やっぱり行かなきゃダメ?」

病気か?



行って来ました。
血液検査と超音波検査を受けました。
血液検査は一週間後に結果がでるそうなので結果待ちです。
超音波では今のところ異常はありませんでした。
未だ全部はわかりませんが、とりあえずホッとしました。
私たちは緊張がとけて、どっと疲れがでています。

でもね、超音波検査(検査室に飼い主は入れない)が終わった時に、
お医者さんに褒められたのです。
「長毛種は気の強い子が多いけれど、シェンナちゃんは言う事をきいてじっとしていて、
とってもいい子でした」

おおっ!


  1. 2012/02/05(日) 23:50:59|
  2. シェンナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。