いくぜ!猫姫。

猫姫姉妹シェンナとあわゆき 美術部分を移動独立しました。http://kaorusasaki.blog.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

窯だし その3 と その4

今日は窯だしです。
ほとんどが、生徒さんのもの。
最近導入した赤色釉が鮮やかで人気。
自分のは画面右の地味な黒っぽいもの達。

窯だし


こちらは時間に追われていてUPできなかった9月25日に焼き上がったもの。
手前が生徒さん達の作品です。
自分のは画面後ろの白っぽい地味なもの達。
藤沢町中アートめぐりの作品のパーツです。

窯だし

陶芸についての最終目標は自分の骨壺です。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/30(土) 22:27:29|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい首輪

最近我家は二人とも留守がちが多かったので、シェンナは相当つまらない.....

せめてもの罪滅ぼしに新しい首輪を作ってみた。
シェンナの首輪は子猫の時から私が作ってきたのです。
といっても、お古のリボンを利用したり、今回も革屋さんで端切れ70円の革利用です。

幅1,2cmで長さ30cmに切るはずが、まちがって短く切ってしまった。
ぎりぎり作れた。 ごめんねシェンナ、余裕ないね。 またそのうち作るからね。
猫グッズを作るのは良い気分転換になります。


いままで私はシェンナには緑が似合うと思い込んで緑系統ばかりでした。

シェンナ「赤いのはじめてなの。似合う?」

新しい首輪



今日は朝早くから(シェンに起こされたので)窯だき、本焼きをしました。
昨夜悪夢を見たので、嫌な気がして、もしもの場合に備えて消火器を手元に置いて焼いていました。
ちょっと無理な並べ方をしたので、取り出すまでべつの心配はまだあるけど......
今のところは何事もなく終わって、良かった。



シェンナ「最近また大きくなった?ってよく聞かれるけど、冬毛にかわってきたからだと思うよ~」
  1. 2010/10/27(水) 22:43:21|
  2. シェンナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

分けあって座ろうよ。&ニコラに会う。

夜は半袖では肌寒いくらいになりました。

ネコは窮屈めの場所が好きっていうけれど....
私が座っているとシェンナがやってきて無理にギュウギュウに
背中と背もたれの間に入り込みます。
そっと立ち上がって上から見てみますと....

ニコラと会う。

こんなカンジ。

私が立ち上がると、そのうちに手足とシッポが座面いっぱいにのびてきて、
椅子はシェンナに占領されてしまいます。


ニコラと会う。





昨日はニコラに会ってきた。パリのPOLSKAからメールで
Nicolas is making a great command for Tokyio....He will come very soon from 6 to 18 October.....!
って聞いていたけれど、藤沢の展覧会と丁度重なっていて会えなかった。
18日に帰国するので、その前の日ぎりぎり間にあった。

かつて塩釜のアーチストインレジデンスで、ニコラと同じ竃の飯を食べた、
島村さんと相方と共に仕事中の銀座の現場に訪ね、フリーになるのを待って、
熊坂兌子さんの展覧会を目黒の現代彫刻美術館へ見に行った。
その後は相方が出しているグループ展を見に、浅草橋のマキイマサルファインアーツへ。
そこで、やはり塩釜繋がりの広田さんと合流して、浅草へ。

ニコラの友達のベンジャミンと合流して、わたしたちが連れて行かれたのは
ひもの屋という居酒屋。歩いていて目をつけていたそうな....シブいね。

ニコラと会う。




ニコラを御存知の方にお知らせ。
彼は全くかわらず優しいピュアな精神と妥協を許さない仕事をしていました。
ニコラがやっていた仕事はこれです。シャンデリアと階段がまさにニコララインですね~。

http://woman.excite.co.jp/fashion/news/rid_20408


  1. 2010/10/19(火) 00:00:59|
  2. シェンナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤沢町中アートめぐり おわりました

今日で、藤沢今昔、そしてこれから『藤沢町中アートめぐり』が終わりました。
遠くは仙台から、近くはお隣さんまで、お出でいただいた方達に感謝申し上げます。
お陰様でわりと評判が良く、実の有るものになったと思います。
まだいつになるかわかりませんが、次回に向けて少しづつ準備を進めていきたいと思います。

展覧会中と搬入前後12日間は、我家の二人とも朝出て夜まで帰らなかったので、
シェンナは寂しさ通りこして、かなり『ぶんむくれ』状態です。
ごはんのお皿の中にカリカリが残っているのに、猫草をひっくり返して土をばらまき、
シェンナの奴隷(?)のねずみのぬいぐるみを、飲み水の容器に叩き込み引きずり回していました。


シェンナあのね、今日かおるったらワタシのごはんを忘れて、朝出かけちゃったの」

はい、ごめんなさい。前の晩のカリカリがまだ少し残ってたので、後で足そうと思いながら
水だけかえて忘れてバタバタ出かけてしまいました。
しかもどうしても早く帰れず、やっと戻ってみたらシェンナは空のお皿の前で
じっとお皿を見つめていました。 ああっ....

きてくれてありがと




シェンナ「えっ、そうなの。一番駅から離れている場所なのに大勢の方が見にいらしたの?」

きてくれてありがと


シェンナ「みなさま、ワタシからもお礼申し上げます。それに超忙しい時にお手伝いいただいた
     sawakoちゃん、澤内さん、菅原さんありがとうございました。」


きてくれてありがと


シェンナは今PC作業中の私の左腕をガブガブとペロペロして、抱え込んで寝ています。
  1. 2010/10/11(月) 23:13:13|
  2. シェンナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『遠くから、近くから-藤沢』

2日~11日まで行われている、藤沢町中アートめぐり『藤沢今昔、そしてこれから』に
参加している作品
創業弘化2年(1844年)東海道に稲元屋有りと言われていた旧稲元屋呉服店の蔵までの渡り廊下、
130cm×400cmのスペースに設置。
今の御当主の亡きお母様が大事にされていたついたてが、炭化していて痛々しい。
戦後不審火から火災になりついたてにも燃え移ってしまったそうです。
他にも、炭化した琴や桐箪笥などありました。

過去と今を結ぶ、雪のタイムトンネル


タイトル:『遠くから、近くから-藤沢』

旧稲元屋呉服店での展示
撮影;伊東直昭
旧稲元屋呉服店での展示

旧稲元屋呉服店での展示


この場所を行き来していた人達で育まれた歴史、文化や交流を感じてすくいあげ、寄り添うだけ。       
  1. 2010/10/05(火) 02:45:10|
  2. ART 作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。